--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.12 01:55
また随分間が空いておりますが、先月(2010年11月)の
COMITIA94、参加された方々、お疲れ様でした!
来てくださった方、ありがとうございます。
(今回はギリでブログトップに広告出るの回避できたか(;・∀・)!)

Twitterにて感想書いて下さった方もいらっしゃいまして、
カードゲームに興味ある方、詳しい方に手にとってもらえるのは
本当に有り難く思ってます!
そういった方により届くように(忘れられないように(;・∀・))、
バリバリ描いていかねば、と思っているところです。


FIS1012-01a.jpg

ひとまずCOMITIA95も申し込みました。
こちらはサークルカットに使った絵の全体図、で
ずっと表紙に使おうと考えていた案です。
ルールブック的なPhase0の表紙にするつもりでおります。
果たして2月に出るか・・・



IMG_0681.jpg

さてCOMITIAの当日はカードを増やしたこともあって
(結局初期セットとして想定していた48枚中持って行けたのは44枚)、
プログラマーP氏にも来てもらっていたので
本格的対人プレイをすることも大きな目標の一つにしていました。
ようやく「デッキを組む」的なことが出来るようになったので
かなり楽しみで・・・(´_`) 。
が、新たに加えた細かいルールなどもいくつかあって
その辺がいまひとつ伝わってなかったせいか
実際のプレイ感はさほど大きくは変わらず・・・。

どうしよう、劇的に面白くするにはどうすれば・・・!とか
ちょっと考えていました。
しかしその後自分で更にテストプレイをした限りでは
少なくともマンガとして使えるくらいには十分ドラマチックな(?)
対戦場面が作れることが分かったので、ルールに関しては
このままでほぼ確定で行こうと思っています。


IMG_0668.jpg IMG_0680.jpg

こちらは当日の対戦と自分のテストプレイの様子。
大体3~4年(12~14シーズン)で決着がついているカンジで、
デッキの枚数も想定していた20枚前後を使うくらいで
終わっています。



で、その後は何をしていたかと言うと・・・(;・∀・)
カードをこれだけ作ったはいいけれども、このデザインとレイアウト、
どうにも必要な情報を把握しにくい・・・。
自分で作っていて間違いにも気付きにくいので、どうしたものか、
というのをずっと考えていました
(会場で「これ間違ってる!」というのがいくつもあったり)。

で思い付いたのが、とある3DソフトのUIを参考に
「サイクル」感を重視したデザインにするというもの。
通常は園芸などの図でよく用いられるような
左が春で始まり右端が冬、という「年」の流れが想起しやすいモノで、
おそらく見やすさ分かりやすさではこれが一番だと思います。
これまでのカードもこの考えを踏襲していました。

ただ、ゲームとしては必ずしも春に種を播くユニットばかりではなく
きっちり4シーズン埋まって次のサイクルに移行するわけでもないという。

FIS_tc_K01.jpg

この図のカードで言うと通常の日本・本州の環境では大抵
春に種を播くけれども、植物のサイクルとしては
結実するのが秋なので、冬からサイクルが始まる、というのが自然のようで
「1段階目は3シーズンで終わり、2サイクル目以降が冬始まりになる」
というようなケースが頻繁に出てくる。
実際にプレイしていると情報が離れて記載されてるせいか
この辺がアタマに入りづらく・・・。


で案として出たのが「サイクル」なんだから年の流れを「円」にしよう、
というモノでした。COMITIAの時にはまだ完全に構想段階で
しかも本当に出来るとも思っていなかったので、P氏とも
「右上の円に全部情報持ってっちゃうのよw!
2~5年目とかも実際に円が5周したりする、っていうww!」
「そりゃ無理だろw!」
的なノリでしたが・・・、
終わってから冷静に考えてみると
「いや意外とイケるんじゃ・・・?」と思い、その後は
かなりの試行錯誤を重ねてデザインを詰めていくことに。


FIS_tc_K03.jpg FIS_stagetest101212-01.jpg

で、出来たのがこちら。
一応まだルールをきちんと把握してない知り合いにリサーチした結果
(2名・・・)、この方が分かりやすいんじゃ?という
有り難い意見を頂いたので、
本人的にはこのデザインで全て作り変える(゚∀゚)!というつもりでいます!
また本編が進まなくなってしまうけれども・・・(;´_`)。


画面の4隅に散っていた情報のほぼ全てを右上に統合。
これによってプレイ中重ねて置かれる場合でも、重要な情報に関しては
より把握しやすくなります(計画中のゲーム化においては
実際にどうなるかまだ決まってはいませんが)。
それぞれの並びが季節ごとになっていて、ハートが春、上に行って夏・・・という。
各サイクルで経過すべき年数は線の数で表しています。
パッと見では全く馴染みのないデザインになっているかと思いますが、
ルールがなんとなく分かってくると「あ~」というカンジで
じわじわ納得出来るモノになっているのではないかと。

このカードで言うと、
花が咲くのははるか先の6年目だけども
2サイクル目からは攻撃防御ボーナスが適用されるので
それ目当てで使うのが主な目的のユニットなのか・・・というように
戦略というかカードごとのシナリオをより組み立てやすくなるような、
気が・・・しています。
まだどうなるかは分かりませんが(;・∀・)!ひとまずは
このデザインを使って進行していく予定でいます。

FIS_tc_m01.jpg

従来のデザインは上の図のように
ごく初期の段階から実に6~7年近く続いていたのですが・・・
ここへ来て遂に刷新、それに伴って本格始動!
となることを期待しています( ^ω^)…。自分でも。


あ、言い忘れておりましたがコミケは落選でしたので・・・(';ω;`)
年内~2月まではなるべく空いた時間を本作りにあてていこうと
思っているところです。
リアルではそう言えばKINECTを買ったりしまして、
まだ周りで購入者があまりいないので言いたいこともたくさんあるのですが、
まぁそれはまたの機会に・・・(;´_`)!


Secret

TrackBackURL
→http://laminaria.blog119.fc2.com/tb.php/211-63e7514e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。